エアロラボニッカドサービス

  • 産業バッテリー
  • 八尾空港東側
  • 八尾空港西側

点検 再生 容量回復

   
 

ニカドバッテリーや鉛酸バッテリーの電解液は皮膚に付いたり目に入ったりすると炎症や視力低下失明の危険性があり習熟を要します。
これらのため搬送車で使われるニカドバッテリーの場合は取扱説明書の多くで整備・点検が禁じられています。また、高い電流値で充電が行われることが多いバッテリーの場合は組電池が避けられないセルアンバランスが生じ易くなります。これの改善にリフレッシュ充電や週末充電などを備えた充電器が一般的ですが、充電器の不足分を補う方法もあります。
バッテリーには使用用途により極板の薄い物と厚い物とがあり、充電でも放電でも適正な方法を用いないと発熱・発火など寿命を短くします。
点検には、メーカー・タイプ別に比重や電圧/電流/温度など細かな規程があり不確かな作業は危険で取扱説明書が禁じる理由となっています。詳細はお問い合わせください。


近年ドローンなど用途が広がっているリチウムポリマーバッテリーはご存知のように熱や衝撃に弱いなど取扱いには細心の注意を要しますが、新品でありながら使用後に放置されて「充電を受け付けない」とのお問い合わせが時々あります。再生もお受けしますが、ご使用前に取扱説明書を読んでからお使いください。

バッテリー各種
Ni-Cd battery
作業事案
・充電 ・容量試験
使用用途
・無人搬送車(AGV)
無人搬送車(AGV)に使われるニカドバッテリーの多くは危険なためセルの交換以外は禁じられていますが、航空用のニカドバッテリーは定期的に点検が行われ寿命を延ばし廃棄物の低減に寄与しています。
このことは経費削減にもなりますが、容量の回復は常識となっています。
AGVに於いても点検前より充電回数が減り、稼働時間が長くなることで回復を証し喜ばれています。
リードアシッドシールドバッテリー
Lead-Acid Sealed battery & Deep Cycle battery
作業事案
・充電 ・容量試験
使用用途
・無人搬送車(AGV) 牽引車(乗用、手引き) その他
注液済みバッテリーは日々使われるバッテリーよりも保管や放置されているバッテリーの方がサルフェーションが生じ抵抗が高くなり『電圧は高いが容量がないバッテリー』になり易くなります。
経年劣化もありますが電解液の変色や損傷のないバッテリーの多くは容量の低下です。
様々な方法で回復や再生を標榜する多くの事業所が活動中です。弊社は航空機バッテリーの点検方法を活用し容量の回復や交換期の予測を行います。
page top